パソコンの小技・備忘録


トップページ > 小技一覧(VB.NET) > フォームに直接文字を描画し、領域内で折り返し表示する。

フォームに直接文字を描画し、領域内で折り返し表示する。

フォームに直接文字を描画し、領域内で折り返し表示する方法です。
折り返し表示を行う場合には、Rectangle構造体を指定します。

正直に言いまして、フォームに書くなら、Labelコントロールを使った方が、より簡単にできます。
ただ、この手法を使うこともありますし、ユーザーコントロールを自作するようになると必須です。

'フォームのGraphicsオブジェクトを取得。
Dim g As Graphics = Me.CreateGraphics()

Dim strDraw As String = "テスト、テスト、テスト、テスト"

'Fontを作成。
Dim fontTemp As New Font("MS UI Gothic", 20)

'文字列を表示する範囲を指定する。
'上位置10、左位置10のポイントから、幅200、高さ100の四角を書く。
Dim rectTemp As New RectangleF(10, 10, 200, 100)

'領域を描画する。
g.FillRectangle(Brushes.White, rectTemp)

'文字を書く。
g.DrawString(strDraw, fontTemp, Brushes.Black, rectTemp)

'リソースを開放する。
fontTemp.Dispose()
g.Dispose()

上記を、フォームのPaintイベントなどで実行しますと、フォームに直接文字を描画し、領域内で折り返し表示することができます。

トップページに戻る

パソコンの小技・備忘録トップページ(http://pckowaza.web.fc2.com/)を表示

※更新履歴などを掲載していますので、お気に入りはぜひトップページでお願いします!

サイト内検索

 Googleでサイト内検索

小技カテゴリー

カウンタ

メール送信

 ご意見・相互リンク募集中!
意見・相互リンクメールを送信!
inserted by FC2 system