パソコンの小技・備忘録


トップページ > 小技一覧(Excel) > ExcelのVBAで、エラーの内容を取得する。

ExcelのVBAで、エラーの内容を取得する。

ExcelのVBAで、エラーの内容を取得する方法です。

VBAのエラーをそのまま表示することになりますが、VBA自体のエラーだと、処理も停止しますし、ユーザーも困惑します。

それを回避するために、「On Error」でメッセージを表示することが多いですが、想定していないエラーに「エラーが発生しています」だけだと原因も何も分かりません。

そんなときに、下記の方法でエラー情報を表示してみるといいと思います。

'エラー内容をメッセージで表示する。
MsgBox "エラー内容は、" & Err.Description & "です。"


以上の記述で、エラー情報を取得して、メッセージボックスとして表示できます。

トップページに戻る

パソコンの小技・備忘録トップページ(http://pckowaza.web.fc2.com/)を表示

※更新履歴などを掲載していますので、お気に入りはぜひトップページでお願いします!

サイト内検索

 Googleでサイト内検索

小技カテゴリー

カウンタ

メール送信

 ご意見・相互リンク募集中!
意見・相互リンクメールを送信!
inserted by FC2 system