パソコンの小技・備忘録


トップページ > 小技一覧(Excel) > ExcelのVBAで、Bookを閉じるときの警告を表示しない。

ExcelのVBAで、Bookを閉じるときの警告を表示しない。

ExcelのVBAで、Bookを閉じるときの警告を表示しない方法です。

入力ツールなどとして使う場合に、利用者が保存する必要がないのに、保存しますか?などのメッセージが表示されてしまう時の対処にもなります。

Excelは、「Saved」というプロパティに、Bookに変更が加わり保存がされているか、という情報を格納しています。
このSavedをBookを閉じる直前に「True」に変えてあげると、Excelとしては保存済みなので、メッセージを表示する必要がないものとして処理します。

この動きを利用して、警告を非表示するためには、下記の記述をVBAProjectのThisWorkBookに書きます。

'保存する直前の処理
Private Sub Workbook_BeforeClose(Cancel As Boolean)
  ThisWorkbook.Saved = True
End Sub

以上の記述で、Bookを閉じるときの警告を表示しないようにすることができます。

トップページに戻る

パソコンの小技・備忘録トップページ(http://pckowaza.web.fc2.com/)を表示

※更新履歴などを掲載していますので、お気に入りはぜひトップページでお願いします!

サイト内検索

 Googleでサイト内検索

小技カテゴリー

カウンタ

メール送信

 ご意見・相互リンク募集中!
意見・相互リンクメールを送信!
inserted by FC2 system