パソコンの小技・備忘録


トップページ > 小技一覧(Excel) > Excel2007で、セルの値を利用して、ドロップダウンリストを設定する。

Excel2007で、セルの値を利用して、ドロップダウンリストを設定する。

Excel2007で、セルの値を利用して、ドロップダウンリストを設定する方法です。

まずは、ドロップダウンリストとして表示したい内容の一覧を作成します。

一覧を作成したら、一覧全体を範囲選択します。

一覧を選択したら、画面左上のセル番地(A1など)が表示されている箇所を選択し、任意の名前を付けます。

例では、「選択肢」という名前にしています。

次にドロップダウンリストを表示したいセルを選択した上で、リボンインターフェースの「データ」をクリックします。

表示される項目の中から、「データツール」という場所にある「データの入力規則」をクリックします。

データの入力規則ダイアログが表示されますので、「入力値の種類」を「リスト」に変更し、「元の値」という欄に「=選択肢」と入力します。

※単に選択肢ではなく、頭に「=」を付けるのを忘れないようにしましょう。

「OK」をクリックして、ダイアログを閉じると、選択していたセルにドロップダウンリストが設定されます。

以上の操作で、ドロップダウンリストを設定することができます。
定型的な入力フォームを作るような場合には、結構便利ですので活用してみてください。

トップページに戻る

パソコンの小技・備忘録トップページ(http://pckowaza.web.fc2.com/)を表示

※更新履歴などを掲載していますので、お気に入りはぜひトップページでお願いします!

サイト内検索

 Googleでサイト内検索

小技カテゴリー

カウンタ

メール送信

 ご意見・相互リンク募集中!
意見・相互リンクメールを送信!
inserted by FC2 system